不動産投資は他の投資と比較してはるかに安全に確実に資産を増やすことができます。

理由として息の長いビジネスだからです。
商品に例えると、缶詰めのようです。
野菜や果物の様にすぐには腐らないのです。
ですので空室期間が多少発生しても賃貸さえつけば再び賃貸収入を受けとる事ができるのです。
これが生鮮食品の場合ですと一定期間が経過すると腐って商品化価値がゼロになります。

今のは極端な事例をあげましたが
我々の生活に欠かせないスマホなんかでも格安スマホの登場によりiPhoneを販売するアップルの収益を圧迫してます。
商品のコモディティー化といいまして商品価格はいずれは下落すのことになるのですかそのサイクルが現代におきましては以前と比べ物にならないほど短くなってます。
せっかくノウハウをしてもそのノウハウの価値がなくなってしまえば努力は水の泡です。
それに今後AIが人間の仕事を奪うとまで言われています。

確かに
日本の人口減少によりアパート経営は成り立たないのではないかというのは議論はあります。
しかし東京をはじめとする主要都市圏は現在も人口の流入が続いておりあと15年は続くと言われています。
ですので都心でアパート経営をするのはリスク回避の手段にもなります。
また国単位で考えてもアパート業が細ることはあってもなくなることはありません。
AIに仕事を奪われることもありません。

結論から言いますと
不動産アパート経営は時間軸が長く非常に長く安定していると言えます。
つまり努力が報わせる投資であり。
一度起動にのりますとその収入は限りなく不労所得に近づくのです。
ですので他の金融投資と比較して安全に確実に資産を増やすことができるのです。
資産運用をご検討の方は是非不動産投資を一つの選択肢に入れるのはいかがですか?