私は比較的に本をよく読みます。
読み終わった本は自社保有するトランクルームに保管してます。
そしてトランクルームが図書館のようになっているのです。
しかし気付いた事がありまして2,3年前に読んだ本のタイトルを見ても内容を思い出せないのがほとんどです。
ということは「自分の身になっていない」ということの裏返しです。
題名を見て
興味があるから手に取り目次調べて読み始めたのですから
読んで面白くなかったり思っていた事と内容がちがったので脳ミソにインプットされなかったのであれば問題はありません。
しかしですよ!
面白いためにはなる内容なのに時間の経過と同時に忘れたのであればこれは問題です。
というか時間の無駄だったと言うことであります。

実はわたしがブログをするきっかけになりましたのは本からのインプットをアウトプットして読者を疑似体験化するこにあります。
ブログネタは私の不動産業務の実体験と読書からであります。
読書に関してはアウトプットすることにより理解度を深めることができます。

ブログを書き始めて読んだ本は結構覚えていますし覚えていない本もありますがそれはつまらない本だったということを覚えています。

日本人はアウトプットが苦手です。
話すというか言葉はの使い方をみればわかります。
「話す」

英語の場合
「speakとtalk」
があります。
Google翻訳  話す   speak
       会話する  talk
speakはスピーチというか一方向です。
インプットのみ
演説とか学校の先生の授業などです。
talkはお互いが話合うことです。
インプットとアウトプット

「英語には区別があるが日本語にはない」

日本人はアウトプットが弱いし遠慮がちです。

結論を申しますと私はアウトプットをブログでアウトプット続けます。
なぜなら成長するためでなります。
このブログをオヨミノ皆さんも質問という形でアウトプットしていただければ幸いです。

今日はどうもありがとうございました。