収益物件を購入時には火災保険に入るべきであります。
昨今は台風等の自然災害が増加しています。
台風や自然災害のリスクには十分備えるべきであります。

保険金が支払われる時
通常は
保険金が支払われる前に保険の鑑定士が被害額を査定してその結果と修理費用と比較して請求金額が適正であれば保険金が保険受取人に支払われるのです。
しかし
台風などで被害がひとつののエリアで集中するときは保険会社は手が回らなくなります。
写真と現状復旧の見積りだけで支払いが行われます。
つまり、かなりスピディーです。

注意点
契約によっては免責額が設定されている場合があります。
例えば5万円であれば被害額が、5万円以下の部分は保険の対象外になります。
弊社の物件でもありましたが窓ガラスが割れるなどの場合では原状回復費用は5万円を、下回るケースは多々あります。
免責のない契約内容であるかどうかをしっかりと確認して下さい。
今回関東地方を襲った台風の上陸前日に保険に加入した大家さんがいました。
この台風で被害が出ましたが保険は降りませんでした。
理由は台風の上陸前日に保険契約をしたからです。

  1. まとめ
    保険契約の免責額を事前に確認しましょう。
    物件の取得時に保険に加入しましょう。