新年の挨拶でも申し上げましたが本年は節目の年でもあります。
東京オリンピック、アメリカ大統領選その他・・・
それに伴い景気動向も気になります。

上場企業で某建築資材の会社がの直近のを見てみると売上は延びているのですが下降のシグナル(在庫などで)を発している企業か散見されます。

また5年後には半分ほどの金融機関が淘汰されると言われている地方銀行は貸出先がなく国債もゼロ金利なので外国の比較的にリスクの高い金融商品に手を出している金融機関も見受けられます。
(サブプライム問題もリーマンショックはこの類の劣後債が引き金になりました)

現金のある人は物件を買い進めるのを少し止めて待つのもいいかもしれないですね。