努力は必ず報われる  

「努力は必ず報われる」という言葉を最近あまり聞かなくなりました。
日本の高度成長期の昔話であるかの様な
現在では死語になっている気配すら感じます。

話は変わりますが
不動産賃貸業は装置産業です。
開業するためには「土地、建物」を購入しないといけません。
ですので比較的に大きな資金が必要となります。
この反面
ネット業は設備投資がいらない。
つまりパソコン一台あれば自宅からでも起業ができる。

どちらがいいのか?

ネット企業は競争が激しい。
ZOZOTOWNなんかの事例がそうです。
会社が少し傾けば創業者はさっさと自分の株式を売却してしまいました。
そうでもしなければ
おそらくアマゾンなんかに淘汰されていたことでしょう。
10年後にはネット業界の Main Player の顔ぶれば大きく変わっていると思われます。
淘汰されたりM&Aであったり・・・・
将来のことは全く読めません。
もしこの業界で将来の予測が正確にできるという人がいればそれは嘘つきです。

賃貸業はどうでしょうか?
上場企業の賃貸業者もいればサラリーマン大家、地主系大家など大中小が入り乱れて競争して共存しているわけであります。
上場企業と同じ土俵て戦える業種なのです。
そして30年、40年後も状況は変わらないでしょう。

弊社のかかる理念に

不動産業の懐の深さに感謝し権威に立ち向かう

とありますがそのような意味を込めています。

先の見通しがたちますので
知識武装と実践経験を積み上げ地味にコツコツとノウハウを蓄積すれば必ず報われるビジネスであります。
蓄積をされたノウハウや仕事がある日突然Al に奪われることはないと思います。

大家業において
努力は必ず報われる
     この言葉はまだまだ生きてます。